ニュースに一言

ここでは、「ニュースに一言」 に関する記事を紹介しています。
 “お前は病んでいる”

数年前、酒に酔った父に私が言われた言葉。
田舎から都会に出て、流されて、水商売や風俗、ヤクザ、そして覚せい剤、
ドメスティック・バイオレンス…

ボクシングとの出会いから人間失格を脱出。

摂食障害の始まり…

田舎に戻り、同級生と結婚、出産を経て今…
欲を言わなければ、平凡だけど幸せな生活を手に入れることができた今の
私の心の中・毎日の日記を綴りたい、自分を見つめなおすためにと
始めたブログです。

あまりにも身勝手な内容で不愉快にさせたら、ごめんなさい!!!
立ち止まって、読んで下さった方ありがとう!


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080419-00000107-mai-soci

この事件は、私にとって、かなりショックを与えた事件でした。
犯行推移が克明に報道されたことにより、鳥肌がたち、
流れてくる涙を止められなかったのを、今でも覚えています。
そして、今でも、泣けてきて、葛藤が心を支配します。


“山口県光市の母子殺害事件の差し戻し控訴審判決が22日に広島高裁で言い渡されるのを前に、遺族の本村洋さん(32)が19日夜、光市内で会見。本村さんは「死刑判決を遺族全員が信じている。だが、判決が死刑でも無期懲役でも、それが真実だと思って生きていく」と話した。

 昨年5月に始まった差し戻し審で弁護側は、1、2審で認めた殺害や強姦(ごうかん)の事実を否定した。本村弥生さん(当時23歳)の殺害方法について「甘えたくて抱きつき、反撃されたので押さえつけた」「(性行為は)復活の儀式」と主張したことなどに批判が殺到し、弁護士事務所に銃弾が届く事態にもなった。” …毎日新聞さんより

確かに少年犯罪。
日本では、法の下で過保護になってはいないだろうか…

死刑制度自体、恐ろしい制度ではある。
死をもって償う…
本当にそれでいいのか、本当にやり直しのきかない人間がいるのか。
私は、やり直しのきかない人間はいないと信じたい。
でも、そんな無責任な、安易な気持ちが、もし犯罪を増やすのだとしたら、
心を鬼にし、切り捨てることも必要なのかもしれない。
そして、日本の刑務所の状況もこれに関わってきている気がしてならない。

身内をこんな残酷な殺され方をした経験は、まだない。
だから自分の大切な人に置き換えて考えることしか出来ない。
そうすると、やはり私も死をもって償って欲しいと思うだろうか…
確かにそういう衝動にかられなくもない。
しかし、それで納得が出来るものでもない。

矛盾や葛藤が心を支配してしまう。

それでも、先を生きなくてはならない。
命の尊さを、忘れずに、結果を受け入れて…

打ちひしがれることなく、訴えていく姿、そして自分なりに受け入れていこうとする
姿勢の本村さんの言動には、脱帽である。


それにしても、今の世、あまりにも人の命を軽く扱いすぎている事件が多い。
だからこそ、法に携わる者には、その重き責任を、安易に考えて欲しくもない。

私たちに何が出来るのか。
事実から目を背けずに、大切に今を生きることではないだろうか。
スポンサーサイト
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080411-00000003-gbr-fight

意外と単純だなぁと、微笑んでしまいました。
でも、自分を追い込んでの練習や減量、これからの展望も重なり、
イライラしているんでしょうね。

“4月10日(木)東京・白金台にある八芳園にて、7月7日(月)東京・日本武道館で開催されるFEG主催『K-1 WORLD MAX 2008 World Championship Tournament FINAL8』の組み合わせ公開抽選会が行われ、今年の世界一を決めるトーナメントの全対戦カードとトーナメントの山組みが決定した。

 抽選会前は魔裟斗との対戦を熱望している佐藤嘉洋(フルキャスト/名古屋JKファクトリー)と「試合するつもりだった」という魔裟斗だが、抽選会では佐藤よりも早い番号のボールを持っていたドラゴが魔裟斗の隣を選択し、ドラゴとの試合が決定。

また準々決勝での対戦は実現しなかった佐藤も、迷うことなく魔裟斗と同じブロックを選ぶなど、魔裟斗にとっては佐藤とドラゴの二人に対戦要求される形となった。” …GBR 格闘技WEBマガジンさんより


弱い相手を選ぶ選手も、中にはもちろんいるでしょう。
でも、もし本当にそれが事実なら、それこそチャンス。
自力で全力で、心を引き締め、自分の力を出し切って勝ってください。

それに、佐藤選手は、根っから、魔裟斗選手と戦いたいと思っているはず。

そのイライラも、試合でいい方向に向けてほしいですね。
個人的に、心の支えとなっている奥さんのためにも、
頑張って欲しいです。

結果はおのずとついてきます。

冷静で、そのうえ熱い試合を期待しています。
格闘技大好きの主人とともに。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080409-00000915-san-soci

お願いだから、死なないで。

なぜにもこんなに自殺者が後を絶たないのか。
自殺志願者が多いのだろうか。

どんな死に方でも、楽な方法など存在しない。
なぜ、こんなにも連鎖が続くのよぉ。
お願い、マスコミよ、自粛を!と願う。
そして、自殺の方法などといった情報を安易に載せないで欲しい。


“9日午前6時15分ごろ、大阪府八尾市山本町の会社社長の父親(50)から「娘が浴室で倒れている。異臭がする」と119番通報があった。無職の長女(18)が服を着たまま倒れており、病院に搬送されたが間もなく死亡が確認された。

 浴室ドアには「硫化水素発生。この家に生まれてきて幸せでした。ありがとう」などと手書きの張り紙があり、浴室内に洗剤などの空き容器2本があったことから、八尾署は長女が洗剤を混合して硫化水素を発生させて自殺を図ったとみて調べている。” …産経新聞さんより

どこかで消え行く命。
それも、若い子が自らの命を絶つ。
確かに、今の世、矛盾だらけで、先が見えないと
嘆くのかもしれない。
自分の無力さに、生きる価値を見出せないのかも知れない…
存在価値がないと、思うのかも…
居場所がないとも。

悩める人は多く存在する。

それでも、偽善者だと思われても、私は伝えたい。

死ぬ勇気などいらない。
選択肢に死はいらない…

あなたは、一人じゃない。
あなたを必要としている人が必ずいる…
あなた自身が気づかないだけなのだ。

そして、世の中捨てたモンじゃないと思える日が必ず来る。

今一度、自分と向き合い、自分自身を受け入れてみよう。

少しづつ…少しづつ、でいいから。
立ち止まり、振り返りながらでもいい、一歩づつ…一歩づつでいいから、
前に進もう。
そして、今までの自分、今の自分、先の自分を大切にして欲しい。




物が豊かな豊かな時代となった今。
私たちは、心の豊かさとは何かを、そして命の尊さについて、
見つめなおさねばならない。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080406-00000000-mai-soci

親の監督不行届と責められても仕方のないニュース。
命に別状はないようだが、精神的ショックも心配。

“5日午後3時40分ごろ、大分県佐伯市弥生尺間の旧ドライブインで飼われているツキノワグマが、同県豊後大野市犬飼町の女児(5)の右腕をかみ、女児は重傷を負った。命に別条ないという。”
 …毎日新聞さんより

確かに一人で子供を二人連れていると、注意が散乱するのは確か。
まさか、と思っていたのだろう。
それでも、犯してはならない不注意だったと思う。

鉄製おりの中で飼育されており、おりから約1.5メートル手前には
鉄製の柵(高さ約1.2メートル)が設置され「危害を加えるので接触禁止」などとの
警告文もあったというから、飼い主にさほど落ち度はないだろう。


動物は確かに可愛い。
でも、その反面、怖さも、もちろん持ち合わせている。
そのことを決して忘れてはならない。

どんなに長年飼育されている動物でも。


私の娘も、動物好き。
だからこそ、この事件に、目がいった。

お散歩の途中に出会う、たくさんの犬たち。
娘にとったら、どれも可愛いわんちゃん。
家でも犬を飼っているからか、
いつでも、頭をなでなでしたいという娘。

そんな時いつでも私は
「わんちゃんは、可愛いね。でも、あむんとされることもあるのよ」
と言いながら(飼い主さんには聞こえないように言っているつもり)、
娘の手をパクリとする。

娘のためだけでもない、もし何かあったらその犬にも
飼い主にも被害が及ぶのだ。

明日は我が身。
普段から、動物は可愛いだけではないということを
周りが、親が伝えていかなければならないとつくづく感じました。

この事件の5歳の女の子のできるだけ早い完治と、
心の十分なケアを願います。

そして、この母親にも…
自分を追い詰めすぎずに、お子さんの笑顔がまた見られるのだから。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080404-00000100-mai-soci


立法化に結びつかないまま放置されてきた課題。
確かに賛否両論で、まとまらないのも事実。
しかし、新たな命の問題をたなあげにせず、強制力のない学会で
とどまらずに、国会でも早急に議論すべきであると思う。


“諏訪マタニティークリニック(長野県下諏訪町)の根津八紘(ねつやひろ)院長は4日、これまでに15組が代理出産を試みたことを同クリニックのホームページで公表した。4組は妊娠せず11組が妊娠。3組は流産、8組が出産し、10人が誕生したという。代理出産に関しては3月、日本学術会議の検討委員会(鴨下重彦委員長)が法律で原則禁止し、公的機関の管理下での試行を容認する報告書案をまとめている。” …毎日新聞さんより


受け取り拒否や引渡し拒否なども実際に起こっているし、
生まれてきた子供の精神的な影響など、様々な問題もある。

だから、学会の原則禁止は妥当なのかもと、思いはする。


しかし、私一個人としては、しっかりとした規制の下でならば
賛成である。

私の知人でも、不妊で悩む女性がいる。
結婚して、すぐ治療をはじめ、10年。
彼女は、諦めきれずにいる。
もちろん、その気持ちは痛々しいほどに切ない。
愛する人との子供。
どんな経路であれ、育てたいと思うのは、当然のことだろう。

以前の私ならば、無理なものは仕方がないじゃないと考えていただろう。

母親となり、今も2人目を授かって、なおさら思う。
やはり、大切でかけがえのない存在。
自分の手で育て、成長を見守りたいし、ともに、生きたい。

確かに様々な問題が生じたりすることを承知で安易には、決められない。
しかし、こうしてる間にも悩み、苦しむ人は大勢いる。
そして、きちんと、法律化していない状態で、悪用されかねないとも
言えないのではないだろうか。
早急に方向性を位置づけるべきで、
行う方も、心構えが必要。

もし、特例で認められたとしても、忘れてはならない。

どんな理由であれ、命を扱うということ。
半端な気持ちで行ってはならない。


それにしても、我が日本は、課題や議題が山積みである。
それでも、一つ一つしっかりこなしてほしいものだ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。