映画鑑賞

ここでは、「映画鑑賞」 に関する記事を紹介しています。
 “お前は病んでいる”

数年前、酒に酔った父に私が言われた言葉。
田舎から都会に出て、流されて、水商売や風俗、ヤクザ、そして覚せい剤、
ドメスティック・バイオレンス…

ボクシングとの出会いから人間失格を脱出。

摂食障害の始まり…

田舎に戻り、同級生と結婚、出産を経て今…
欲を言わなければ、平凡だけど幸せな生活を手に入れることができた今の
私の心の中・毎日の日記を綴りたい、自分を見つめなおすためにと
始めたブログです。

あまりにも身勝手な内容で不愉快にさせたら、ごめんなさい!!!
立ち止まって、読んで下さった方ありがとう!


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベートーベン2


たいてい二作目となると、イマイチだと感じる作品が多いのですが…
これは、またまた楽しめました!
家族揃ってだからなおさらかしらん。

相変わらずダイナミックなセントバーナードのベートーベン。
恋をしたベートーベンの愛情の深さには、感激。
人間よりも、真っ直ぐで、ゆるぎないハートの持ち主。
うらやましい限りです。

そして、私が印象に残っているのが…
ちょっと、内容とはずれるのかも知れませんが、

あるコテージでのシーン。
子供たちの前でも、月夜の下で夫婦二人寄り添っているシーン。

いつでも、タッチしてくる主人に私はついイライラしがちなので、
このシーンでハタッと手がとまりました。

子供たちのはにかみながらも、嬉しそうにしている表情。

あ~、そんな主人を怒ってばかりではなく、たまには
可愛く、主人に寄り添って、娘にも温かい気持ちを伝えられたらいいかなぁ。

う~ん、かなりの勇気が…頑張れ、自分!

スポンサーサイト
ベートーベン


今日こそは、娘と共に楽しく観れる映画を、と思い借りてきた“ベートーベン”

犬嫌いの父親がいる一家に住みついた、体は大きいが、
とってもお茶目なセントバーナードと、家族が織り成す動物コメディ。

昔観たはずなのに、忘れている部分もあり、家族みんなで楽しめました。
主人が一番うけていたような…笑

揺るぎのない子供の真っ直ぐな気持ち、そして堅物な父としての葛藤や愛情、
一家の心の支えとなる母の存在。
そして何より、ベートーベンの心温まる家族愛や勇気。

そして、もちろんコメディタッチなので、登場する人物の役作りの愉快さ。
ベートーベンの愛くるしい!?とんでもない位のお茶目なところ。

どこをとっても、楽しめる作品でした。
単純におもしろかったです。

娘が、「わんわん」と、楽しそうにしている姿が、私にとって
何より嬉しかったです。




昨夜、延期していたモンスターパニック映画の“ラプター”を
主人と娘と観ました。

突然出没したワニに悲鳴をあげた私。
その声に娘がびっくりして、泣いてしまいました。
「ごめんね」
ひっくひっくとしながらも、コクコクと頷いてくれた娘。
最初は動物がでてきて、喜んでいた娘も、
ワニの怖さに気づいたのか、ワニがでてくると
「イヤ」と…
子供なりに恐怖を味わっているんだなぁと実感。
あまり見せたくないなと思いつつ、
散歩の途中、どのワンちゃんにあっても、怖いもの知らずで近づく
娘に、少しでも動物の怖さも知ってもらえたらいいのかな…
と、思いながら観ていました。
(途中、飽きて遊んでいたのが救い?)

やはり、娘の遊び相手をしながらだったので、
じっくり観れませんでしたが、ここでこの映画の感想を。

利益しか得ようとしない人間の醜さと愚かさ。
その反面、家族を失った人達のためにワニとの格闘に
挑むハンターの、確固たる決意、
動物を愛するものの勇気であったり、
仲間を躊躇なく助けようとする勇敢さは、
ひしひしと感じさせてくれる作品でした。

主人はイマイチだったようですが…

今日もまたもっとスリルのある作品を
借りてきたい様子。

娘が寝てから観ようよ。
そう伝えようかな。

主人がどうしても観たかった“スパイダーキングダム”
私は、パニック映画は苦手なので、
まぁ、娘の相手をしているから、そんなに真剣にはどうせ
観れないし、まぁいいかぁと思っていたら…

娘が珍しくたいしてグズリもせず、私のお膝にちょこんと
座って大人しくビデオ鑑賞しているではありませんかぁ。

「クモだよ。怖くない?大丈夫?」
「うん!」
少し、眠そうにしながらも観ていました。
子供の感性は不思議だなぁぁと思いながら、
私は夢に出てきそうだよぉぉぉと、心の中で
悲鳴をあげていました。

クモは確かに気持ち悪かったですが、
人間の醜い欲を見せつけられた作品でした。

「明日は、ワニの出てくるパニック映画を借りてこよう」
の主人の言葉に、
「え~っ」と、不満をあらわにした私ですが、
仕方がない、ここは譲るとするか…

昔から映画やビデオ鑑賞が好きな私。
結婚してから観る回数もかなり減ったけど、
駄作と言われる作品であれ、何か感じるものがあり、
自分を成長させてくれるものだと思います。
皆さんはどうですか?

ではでは、おやすみなさい!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。