FC2ブログ

プロレスと、夜光虫

ここでは、「プロレスと、夜光虫」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨夜家に着いたのは、11時半を過ぎていた。
親の勝手な判断で、娘を連れて行ったものの、不安もあったが…

仙台の会場まで、約1時間半。
ガスがかかっていて、視界がかなり悪かった。

試合開始、20分ほど前に着いた私達。
まずは人の多さに興奮していた娘。
試合開始と共に、きらびやかでカラフルな照明に目を奪われ、
「キラキラ」
と、小さな手や指を必死で伸ばし、目を輝かせていた。
少しの変化でも、会場の声援にも、
「おぉ、あっ」
などと反応し、私や主人の顔を見渡しては、足をバタバタ。
かなり、興奮&大喜び。
それでも、暗い会場に不安も感じたのか、一人で座ったり、
興奮して座っていられずに立ち見している主人の足元にいられず、
私や主人に抱っこされていた。

しかぁし、2試合目の後半にもなると、座ったり、抱っこされているのに
飽きてきた来た娘は、だいぶ奇声を発するように…

カワイイねぇ、などと、子供の様子に声をかけてくれていた観客にも
迷惑だろうと、ひとまず、私は娘を連れて外へ。

外では、私同様飽きた子供を連れた親や、小学生くらいの子供達が
少なからずいたようで、走り回ったり、休んでいたりしていた。

一度会場に戻っては見たものの、状況が変わらないので、結局、
2時間半ほどの試合時間の三分の二を娘とお茶したり、駆け回ったり、
お散歩したりして過ごすことに…。

やはり、まだ早かったのかなぁ…と内心感じながらも、
嬉しそうに階段を上り下りする娘と手をつなぎながら、
備え付けのソファーや椅子に落ち着かない様子で、
はしゃぎながら座っている娘と休憩したり…

「みぃちゃん、楽しい?」
「うん!」
「パパがまたプロレス観に来るって言ったら、みぃちゃんも
また来るの?それともイヤ?」
「来る!」
「そっかぁ」

最終の試合の時のアナウンスがかかると、娘は
「あっ」
と言い、私の手を引っ張り、
「パパ」
と、私を会場に入るように促す娘。
しかし、会場に入ると、あの暗さや雰囲気に怖気づくのか
「外へ」
と、引き返す。

やっぱり、まだ娘には早かったのだ。
慣れた部屋でテレビで観戦するのとは話が違う。
でも、私にとってもいい経験であった。
きっと娘にとっても…と願うばかり。
(外で居る間、一切出てこなく集中して観戦していたからぁと言う
主人に、少し腹が立ちもしたが…これも覚悟の上)

家に着くと同時に目を覚まし、興奮冷めやらずに夜中1時過ぎまで
起きていた娘。
心配だった夜泣きもなく、穏やかな表情で娘は今寝ている。
内心ホッとしたのも事実。

やっとの、夜光虫


帰り道、新聞で取り上げられていた、春先から初夏にかけて見られる
“夜光虫による赤潮”の現象を、主人と二人で見てきた。
疲れて寝てしまった娘にも見せてあげたかったなぁ。

深く立ち込めたガスと、日中の日照不足が原因なのか、
広い範囲での幻想的な風景は見られなかったが、
それでも、押し寄せる波に漂う光の帯が青く輝き、神秘的でもあった。
(持っていったカメラでは、これが限界だったのが残念)


プロレス観戦についてコメントありがとうございました。
ご指摘やフォローが、とっても嬉しかったです!
本当に、ありがとう!!!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
そういうのも良い経験です。
夜泣きがなかったようで良かったですね。
2008/05/25(日) 07:52 | URL | あこ #Y9T/.AWU[ 編集]
あこさんに良い経験と言ってもらえて、ホッとしました。
そして、娘が夜泣きしなかったことも!

ありがとうございます!
2008/05/25(日) 08:11 | URL | ryoko #-[ 編集]
飽きたのにその場所にまだいなくてはならないって、大人にとっても生理的な欲求をガマンさせられるに等しいことですよね。子供はひとつのことに集中したり、同じ場所にじっとしていられる時間がうんと短いので、大事なのは、どこへ連れてゆくかより、親がその状態をきちんと見て適切な行動を取ってあげられるかどうかだと思います。
親がその欲求を把握して受け入れてあげれば子供はとても満足して安心するのですよね。
プロレスだってryokoさんのようにきちんと子供の状態を見て外へ連れて行ったり気分転換させてあげられるなら、美術館で面白くもない絵を何時間も黙って見ることをしいられるより、子供にとっては何倍も幸せで良い経験ですよv-238

夜光虫による赤潮の現象、素敵ですね~ わたしも生で見てみたいわ^^
2008/05/25(日) 09:23 | URL | さーにん #-[ 編集]
そうですね。ありがとうございます!
どうフォローするかが大切なんですよね。
結果的に娘が喜んでくれたのが嬉しかったです。

夜光虫、とってもキレイでしたよ。
幻想的な青く光る表情は、夜にしか見れないけど、一見の価値ありです!
2008/05/25(日) 10:40 | URL | ryoko #-[ 編集]
ryokoさんがみぃちゃんの様子を見ながら、中で見たり、外で遊んだり、
いつもと違うものを見ながらも、自分も大事にしてもらえたっていうのは、
みぃちゃんにとっては嬉しかったのかな。

「みぃちゃんもまたプロレス見に来る?」と聞いたら、「うん!」って答えたのが、
何よりもみぃちゃんの気持ちを表してますねぇ。

親がそっちのけで・・という感じでは全然ないですよ、ryokoさんは。
みぃちゃん本当に楽しく過ごせて良かったなぁと思います。
(でも、旦那さんも、もう少し出来れば協力してくれればな~なんて思いますが、
プロレスってヒートアップしちゃうと、そこしか目に入らないんでしょうね~^^;、特に男性は)
ともあれ、遅くの帰宅お疲れさまでした。(お体どうかお気をつけて・・)

夜光虫の赤潮の現象、いいですねえ。私も見てみたいなぁ。
2008/05/25(日) 10:45 | URL | OK #-[ 編集]
プロレスバカの主人なので、仕方がないといえば仕方がないのかも
知れないのですが…
他の親子は、交換しながらとか、大丈夫かぁと来てくれていたのを見て、
正直、悲しくもありました。
娘の存在がどれだけ、救いだったか…
ひぃぃ~ん、今さらですが、泣けてきます。
でも、まぁ、諦めるしかないですね。
言っても、だって、集中していたんだも~んの一言に、情けないと言うか、
怒る気もなくなりました。

夜光虫の現象は、私も今回が初めて。
本当に感動的でした!
2008/05/25(日) 11:13 | URL | ryoko #-[ 編集]
いつも楽しく拝見させて戴いております。
これからも応援させてください。
それでは、また。
2008/05/25(日) 11:44 | URL | 恭香 #-[ 編集]
訪問・コメントありがとうございます!
このような他愛もないブログを応援してくださり、ありがとうございます。

こちらからも、拝見させてもらいますね!
2008/05/25(日) 15:14 | URL | ryoko #-[ 編集]
い~~な~~幻想的なんだろうな~
いいもの見れて良かったね☆

うちの子供たちが小さい頃、毎週のように色んなところに連れて行ってた。
でもこの間3番目に「申し訳ないけど、あんま、覚えてない」
って言われた^_^;

そんなもんかもしれん~~
2008/05/25(日) 17:00 | URL | チエコ #-[ 編集]
夜光虫は、本当に神秘的&幻想的で、
無言で眺めていました!

キチンと覚えていなくとも、その子の感受性や世界観に、
少なくとも影響はありますよね。
やっぱり、どこに連れて行こうとも、楽しむこと、
そして確かなフォローに心がけたいと思いましたぁ!

チエコさん、ありがとうね!
2008/05/25(日) 18:43 | URL | ryoko #-[ 編集]
みぃちゃんも、だいぶ色々なところへお出掛けできるようになってきましたね。
これも一つの成長ですね☆
初めての場所や人の多さ・いつもと違う雰囲気でさぞ驚いていたでしょうが、みぃちゃんにとってはとてもいい経験だったのではないでしょうか?
ryokoさん夫婦もとても仲がいいみたいなので、これからも家族でたくさん色々な場所で思い出を増やしていって下さいね。
両親との思い出が子供にとっては何よりもかけがえのない思い出になること間違いナシ!!でしょうから。
2008/05/25(日) 18:46 | URL | akane #-[ 編集]
最初は葛藤もありましたが、今では娘にとっても、
いい経験だったと思えます。
賑やかな場所にも、ある程度慣れたほうが無難ですもんね。

これからも、家族揃っての思い出を増やしていきたいです。
ケンカしながらも、一応!?仲の良い私と主人で、
子供達にたくさんの世界を見せられたらいいなぁ。
2008/05/25(日) 19:27 | URL | ryoko #-[ 編集]
お疲れ様でした。
気になるのは、夫さんの様子ですね^^;
自分の楽しみを優先するのはたいてい男性のほうで、子育て中は女性は何かと我慢を強いられます。
うちも、夫は友だちと旅行に行ったりしていました。「わたしも行きたかった」というと「お前は今は無理やから、子どもの手が離れてからな」・・・なんて数年前は言ってましたが・・・もういまさら夫となんてどこへも行く気はなくなりました^^;

お互いの気持ちを確認しつつ話し合っていろんな思い出を共有していけるといいですね。

ちょっと愚痴ってしまってごめんなさい。
2008/05/25(日) 22:07 | URL | nori #JalddpaA[ 編集]
夜光虫、いいですね~。
私も見たいです。

プロレスも経験の一つですね。
ご両親の愛情を感じられ共に経験するのなら、悪い事なんてありませんよ。

お疲れ様でした(*^_^*)
2008/05/25(日) 22:09 | URL | りん #-[ 編集]
プロレスに行ったんですね~^^
子供はどうしても飽きちゃうし、
長い時間は絶対無理ですよね・・・。

でもほんと、また来たい!っていうのは、
ryokoさんがちゃんとみぃちゃんを
外に連れ出してあげたり、きちんと
フォローしてあげたから、楽しんで
過ごせたって証拠ですね!
みぃちゃんが楽しめて何よりです。

いつも思うんですけど、ryokoさんって
すご~く優しいですよね!
絶対旦那に文句言ってます(笑)
2008/05/25(日) 22:55 | URL | はる #-[ 編集]
noriさんの気持ちが聞けて嬉しいです!
“お互いの気持ちを確認しつつ話し合っていろんな思い出を共有”
本当につくづくそう思いますね。
でも、なかなかそう行かないのも、これまた事実。
まして、主人は優しいところもあるのに、頑固者(私もだった…笑)で、おこちゃま。
娘よりも手がかかる気がします。

2008/05/26(月) 00:53 | URL | ryoko #-[ 編集]
夜光虫は、本当に一見の価値あり!
夜間なので、なかなか難しいでしょうけど…
あと、見れる場所も限られているのかな。
とても、言葉では言い表せないほどの素敵な表情でした。

これからも、娘も楽しめるように心がけたいですね!
2008/05/26(月) 00:55 | URL | ryoko #-[ 編集]
イヤイヤ、優しいだなんて…
少しは怒りましたよぉぉぉ。
でも、あまりにもお子ちゃまな言葉を聴いて、悲しくもあり、怒る気さえもなくなりました。
さすが、男は、手のかかる大きな子供です。
まして、うちの主人は、人並み以上に融通の聞かない人。
優しいところはたくさんあるのに、頑固ものなんです。

まぁ、プロレス自体が主人の趣味なので、仕方がないかなぁって、感じです。
悲しいけど…

娘が、楽しんでくれたことが唯一の救いでした。
また行きたいと思ってもらえて、私は、胸をなでおろしたものです。
やっぱり、ともに楽しみたいですもんね。
2008/05/26(月) 01:01 | URL | ryoko #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sunaonikki.blog46.fc2.com/tb.php/144-97e53bf7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。